家づくりのながれ

家づくりのながれ

家づくりのための情報収集からご入居までの流れをまとめました。家づくりの前半のポイントは、
どんな家を建てたいか、いろいろな情報を収集して自分たちの希望をまとめる段階です。
建築予定地や予算などの条件とバランスを取りながら理想の家へ計画を固めていきます。
またパートナーとして選ぶ住宅会社の信頼チェックも欠かせません。
わたしたちは、お客様に選んで頂く立場ですが、お客様の立場で考え、どのステップにおいても
常に適切な情報やアドバイスがお届けできるように頑張っていきたいと思います。

【1】情報を集める

インターネットや資料請求(カタログ)はイメージを掴むのに便利ですが、
ホームページやカタログの出来栄え(お金の掛け方)=品質と考えるのは危険です。
モデルハウスや現場見学会で実際に建っている家を確かめて
それぞれの会社の特徴を理解しましょう。

【2】希望をまとめる

家作りが上手く進まない原因は自分たちの希望が上手く伝わっていないケースもあります。
下記の手順で希望をまとめてみましょう。
家族全員の希望を書き出しましょう
希望に優先順位をつけておくと相談しやすくなります

【3】土地(調べる・買う)

敷地調査とは、家の大きさや配置、家の向きや工事の段取り見積を決めるうえで欠かせないものです。
その土地に建つ家の大きさや法的な規制のチェック
日差しや風の流れをチェック
ベストビュー・バッドビュー・隣接状況のチェック等

【4】資金計画

建物価格だけもチェックして後から様々な費用が掛ると判り
家造りを再検討しなければならなくなったケースもあります。
資金計画とは家に掛る総費用と予算のバランスを確かめる大切な作業です。
ゆとりを持った計画をまず固めましょう。

【5】プランづくり

敷地調査や予算の枠を固めたら、いよいよプラン作りのステップに進みます。
お客様からお伺いしたご希望に応えるべく、一生懸命に設計致します。
プランの確認するポイントは、そこに暮らしている自分たちを想像しながら一つ一つチェックすることです。
楽しい暮らしのイメージがどんどん膨らんでいくように、しっかりコミュニケーションを取って進めていきます。

【6】信頼チェック

建築を依頼するパートナーを決める上で、プランやデザインの提案愛用はもちろん、その会社の実績や信用、保証やアフターの内容もきちんと比べることが大切です。
完成引渡保証は棟数制限や価格制限がないかどうかまで内容をしっかり比べましょう。
どんな工事検査があるかどうか比べましょう
入居後の定期点検の内容や回数・時期をチェックしましょう

【7】契約手続き

契約のステップです。必要書類等を準備していよいよ工事の準備に入る段階です。
ローンの申し込みや役所に提出する建築確認申請手続きの準備を進めます。
また契約後、アイフルホームでは、契約内容を完全履行する為に完成引渡保証証書を発行させて頂きます。
契約時に必要なもの・・・印鑑・契約金
融資・申込に必要なもの・・・公的収入証明書・源泉徴収票・住民票・実印・健康保険証等(身分証明書になるもの)

【8】着工

いよいよ更地になった建築地に家を建てていきます。地盤調査をして基礎工事を進めていきます。
アイフルホームは工事を8工程に分け、200項目以上の工事の品質検査を実施します。
また、国土交通大臣指定機関・住宅瑕疵担保責任保険法人の第三者検査を三回実施しながら進めていきます。
地鎮祭・上棟式(建て前)をご希望される方はご相談下さい
上棟時に中間金を支払います
立会い検査のスケジュールをお知らせします

【9】完成(竣工)

完成に近づいてきたら、登記手続き等の準備に入ります。
お客様と営業担当、工事担当立会いの完成検査を実施して、
契約内容どおりに完成したことを確認して引渡しとなります。

【10】ご入居~(定期点検・アフター)

お引渡ししたら契約書や保証書などの保証書類一式をお渡しします。
図面や工事履歴なども入っておりますので大切に保管して下さい。
またアイフルホームではお引渡し後20年間にわたって、計8回の定期点検(無料)を実施致します。
点検スケジュールもきちんとチェックしておいて下さい。
※保管書類とは、契約書・建築確認済証(写)・申請図面一式・仕様打合せ書・電気配線図・完成検査済証(写)・打合せ記録・工事写真など